歯と育毛の関係

歯と育毛の関係といわれてもぱっと頭の中で関係性が結び付く人なんて
まずいないんじゃないかと思います。

しかし実は歯も育毛にとって見落としがちな重要項目なんです。

どういうことかというと、育毛つまり薄毛体質を改善して
発毛体質になるためには、身体全体の解毒が必須事項です。

髪の毛というのは頭から生えていますが、その頭は身体の一部です。
つまり身体が毒を持っている状態で、いくら高い育毛剤を使ったり
いい育毛サプリを身体に取り入れたところで、肝心のベースが
毒をもった状態では効果落ちちゃいますよということです。

それでは歯がどのような状態の時に毒を持っているのでしょうか?
答えは歯周病です。

歳をとってくるとだんだんと心配する必要がある人も増えてくる
気づきにくい病気ではないでしょうか?

歯周病になると、血液が汚れて血流も悪くなり、毒が全身に回ります。
歯周病は歯と歯茎の間から雑菌がが入ると歯茎が毒をもってしまいます。
そして雑菌は血液を伝って全身に流れ、毒に侵されてしまうために
育毛へも悪影響を及ぼすのです。

口が臭い、そんな人は要注意、歯周病を疑ってみた方が
よいかもしれません。

たかが口が臭いくらい・・・と放っておくことが思わぬところで
育毛の邪魔になっているかもしれません。

そうしてみると自分の身体というのは、すべて髪の毛につながって
いるのだということに気付きます。

身体を気遣うことは髪の毛も気遣うことになるのです。こちらもおすすめ⇒薄毛の自宅AGA治療にはジェネリック薬